「セックス漬けに堕ちた人妻~鬼畜教師の卑劣な罠~ 第6話 堕ちた人妻、目隠し3P!」ネタバレ、無料お試し読み情報

こんにちは。

 

鬼畜エロまんが大好きな鬼畜太郎です。

 

「セックス漬けに堕ちた人妻」というエロまんがを紹介します。

 

このタイトルをみて読みたいと感じた人は鬼畜フェチですね。

 

秀麗な人妻が淫乱女に変貌する姿は見応えあります。

 

桐谷沙織 男の目を引く美貌と肉体。女子学院に通う娘を持つ母親
山内引鉄 女子学院の体育教師、学長の甥、女子生徒に手を出しているやり放題
霜田リョウ 山内と長年の相棒、一流の色事師、狙った女は必ずおとす

 

→BookLiveコミック

「セックス漬けに堕ちた人妻」をコピペして検索してください。

 

第6話ネタバレ

堕ちた人妻、目隠し3P!

リョウはニヤニヤしながら、沙織のもとに

 

そして、手にした黒い布を広げると、目隠しである。

 

「ちょ、ちょっと待って、な、何をするの?」

 

これで最後のセックスだから最高の快楽をしてもらう。

 

そういいながら沙織の目に目隠しを取り付けた。

 

「ひっぃ・・・」

 

視覚がない、すると今度はリョウが沙織の両手を後ろにまわし、

 

「ガチャッ・・」

 

何この音は?

 

そう、後ろ手に手錠をハメられた。

 

 




「セックス漬けに堕ちた人妻」をコピペして検索してください。

 

狂乱する沙織。

 

こんなことするのは許さないわ。

 

目隠しをしているので、どこを向いて話しているかわからない。

 

今迄最高の快楽を味わせてやる。

 

「キャァッ」

 

床に転がる沙織。

 

本当に嫌がっているのか?

 

身体を調べればわかる。

 

その意味はお〇んこである。

 

割れ目を開いてお〇んこをみると

 

沙織のお〇んこは濡れそぼっていた。

 

「はぁ~、はぁ~、はぁ~、」

 

息遣いが荒くなっている沙織。

 

セクハラ教師はその様子を別室で見ていた。早く俺もやらせてほしいと思っていた。

 

身動きできない沙織

 

そこに、リョウはある液体を持ってきた。

 

見えない沙織はリョウの言葉でキョロキョロと頭を左右に動かしていた。

 

それは、全身の感度が数倍になるクスリである。

 

「ひゃぁ、何?、ああああ!」

 

そのローションをオッパイ、そしてお〇んこに塗りつけた。

 

「イヤッ、イヤァァァ」

 

今度は俺を気持ちよくさせてくれ。

 

でかいち〇こを目の前に出してきたが、当然見えない。

 

しかし、ち〇この匂いがするから、何をされるか想像できた。

 

「グポォ、グポォ、ゴプッ」

 

口の中一杯にち〇こが入っている。

 

その時、

 

ピンポーン

 

「ビクッ、」

 

誰かが来る。こんな姿でどうしようと思っていた。

 

それは、あの男だ。

 

友達が来たから乱交に参加する

 

「イヤァァ・・・」

 

顔を左右に振って抵抗するが、無駄である。

 

目隠しをされ、さっきまでち〇こを咥えていたので、口の周りは涎だらけでみっともない状態である。

 

屈辱的な光景である。

 

早速、男は沙織の乳首を舐め、摘まんで愛撫をしている。

 

お〇んこは洪水状態である。

 

そして、あのセクハラ教師のち〇こを舐めていた。

 

嫌がるが、逃げることが出来ない。

 

そして・・・

 

6話はここまで

 

無料お試し読み

↓  ↓  ↓

BookLiveコミック

「セックス漬けに堕ちた人妻」をコピペして検索してください。

 

 

第6の感想

 

まず、沙織の目隠し姿は最高のエロさである。

 

これで、2回は抜けます。

 

後ろ手に手錠を掛けられ不安そうな表情が想像できる。

 

耳元でスケベなことを言われると否定するには、左右に顔振るだけである。それがまたドSの人には最高のおかずだ。

 

特にフェラのシーンは必見だ

 

見えない状況と動けない状況でのフェラは苦しい。

 

表情がわからないが口が大きく開いている姿が想像を増長する。

 

一体沙織はどうなるのか?

 

楽しみである。

 

秀麗な人妻で抜きたいならこちらから

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「セックス漬けに堕ちた人妻」をコピペして検索してください。

1話¥54です。

 

第01話 秀麗な人妻を襲った陰謀

第02話 心を許してしまったばかりに…

第03話 媚薬でトロトロ…全身性感帯!

第04話 こんな関係、終わりにしたいのに…!

第05話 ペースに流され、調教開始!